婚約指輪のデザイン


プロポーズの際に男性から女性に贈られる婚約指輪のデザインは豊富にあり、購入の際に迷う事も多々あります。ここでは、どのようなデザインが人気なのか、婚約指輪のデザインの種類について、ご説明します。

まず最初に、飽きの来ないシンプルなデザインのソリティアです。ダイヤモンドなどの石を立て爪で留めたデザインとなっており、昔からの定番スタイルで、現在でも根強い人気を誇ります。年を重ねても違和感なくつけられ、シンプルでありながら、石の存在感が際立つデザインです。次に、メレです。中央のメインの石の両脇に小粒の石をあしらったデザインで、石の数や形状で自分だけのオリジナルにもできます。またアームに石を敷き詰めたパヴェは、中央のメインのダイヤだけを装飾したタイプの他、メレダイヤをふんだんにあしらったデザインなど、こちらも自分の好きなデザインにもできます。近年最も人気が高いエタニティは、華やかなデザインでゴージャスである事から女性から絶大な支持を得ています。フルとハーフがあり、フルは指輪1周分にダイヤを敷き詰めたもので、ハーフは指輪半周分になります。途切れる事なく並べられているダイヤは永遠を意味するデザインであり、重ね付けにも適しています。